未分類

HARIOドリップスケールアイキャッチ

未分類

2020/5/3

『HARIO V60 ドリップスケール』レビュー

コーヒードリップをするときに欠かせないドリップスケール。いわゆる”はかり”をご紹介します。 お値段は4,000円弱で、タニタの0.1g計量できるスケールに比べると1,000円ほど高いお値段です。タニタでももちろんコーヒーのドリップはできます。 でもHARIO(ハリオ)のスケールにもお値段なりの良いところはありました。 メモ 0.1g単位で計量できる タイマー付き シックなデザインでオシャレ 僕は5、6年ほどコーヒーのドリップをしていますが、今までスケールは1,500円ほどのタニタ、次はよくわからないオシャ ...

コーノ式

未分類

2019/2/4

コーノ式名門ドリッパーを使ったおいしいコーヒーの淹れ方

今回はコーノ式名門ドリッパーでコーヒーを淹れてみます。 ポイント 湯が落ちるスピードが早いので、いつもよりも細いお湯で淹れる 淹れ方が難しいと言われることもありますが、ポイントさえ押さえれば簡単です。 ▼レビューはこちら 【レビュー】オシャレな『コーノ式名門ドリッパー』でおいしいコーヒーを淹れよう コーノ式名門ドリッパーでの淹れ方 豆の量 24g 豆の挽き具合 中挽き 抽出量 240ml お湯の温度 90℃ 抽出方法 点滴(ポタポタと落とす感じ) or 細いお湯でゆっくりと 抽出時間 2分ほどで 珈琲サイ ...

ドリッパーまとめ

未分類

2020/4/21

コーヒーをおいしく淹れるためのおすすめドリッパーまとめ!

今までつかってきたコーヒードリッパーをまとめました。メーカーによって違いがあるのがおもしろい

HARIO ビーカー

未分類

2019/6/12

ハリオのビーカーは300mlよりも500mlがおすすめ

ハリオのビーカーは持ち手がないので小さめのサイズは熱くて持ちにくい。

リカシツ ビーカー

未分類

2019/5/10

ドリップに使える『リカシツのビーカー』がかわいい

フラスコ、試験管などをインテリアに取り入れた『リカシツ』のビーカー。

コーヒーミルまとめ1-1

未分類

2020/12/25

おすすめ電動コーヒーミル6選

電動コーヒーミルがあればコーヒーを淹れる頻度が上がります。

未分類

2020/12/25

ナイスカットミルの掃除・手入れ

ナイスカットミルに限らずコーヒーミルはこまめに掃除したい

未分類

2020/12/25

電動コーヒーミル『カリタ ナイスカットミル』レビュー

ナイスカットミルがあればコーヒーの味が安定します。

ハリオ 透過ドリッパー淹れ方

未分類

2019/6/12

HARIO(ハリオ)V60透過ドリッパーでおいしいコーヒーを淹れる方法

分量、抽出スピードを一定に保てばいつも同じ味を楽しめる使いやすいドリッパー

ハリオ V60 透過ドリッパー

未分類

2019/1/26

初めてのコーヒー器具は「ハリオのV60透過ドリッパー」で間違いなし!

まず最初に使いたいドリッパー。安定のハリオ

KINTO ステンレスフィルター

未分類

2019/1/26

KINTO ステンレスフィルターを使ったドリップ方法【淹れ方】

KINTO(キントー)のステンレスフィルターでおいしいコーヒーを淹れる方法をご紹介します。 初めて淹れるときは結構いろんなブログやサイトを見て回ったんですが、淹れ方はそのお店や人それぞれでした。 分量についての違いは結構あるあるなんですが、プロの方ならその淹れ方が研究した結果だと思うので間違いないはずです。 僕はプロではないですが、いろんなコーヒー器具で自分にあった淹れ方を試しているので、KINTOのフィルターでもその都度分量を変えていろいろ試しました。 まあそこまで大きな違いは感じられなかったんですが、 ...

KINTO ステンレスフィルター

未分類

2019/6/12

【レビュー】KINTOステンレスフィルターがかっこいい

KINTO(キントー)のステンレスフィルターを買ってもらいました。(バレンタインのお返し) KONE コーヒーフィルターが有名ですがかなり良いお値段なので、ステンレスフィルターを試してみたい方はまずKINTOから入ってみてもいいと思います。 KINTOでもすごくおいしいコーヒーを淹れることができました。 今回の記事はデザイン・セット・特徴についてのご紹介。 ▼淹れ方についての記事はこちら KINTO ステンレスフィルターを使ったドリップ方法【淹れ方】 KINTO(キントー)のステンレスフィルターを使うため ...

Copyright© 2Bcafe , 2021 All Rights Reserved.