COFFEE TOOLS

エアロプレスのレシピ【随時更新】

投稿日:2020年1月4日 更新日:

エアロプレスのレシピをまとめていくページを作りました。

ウェブ上にはたくさんのレシピがあるんですが、自分で試してお気に入りのレシピをここで紹介します。

YouTubeで動画もアップしているのであわせてご覧いただければ嬉しいです。

スタンダード

最初からフィルターを付けてマグカップやサーバーの上に乗せた状態から注いでいくスタンダードなスタイル。

お湯を注ぎながらすでにマグに抽出されていくので、蒸らし時間が短く抽出というか豆を素通りしているような感じがあるっぽい。アッサリ系。

基本的には未抽出の状態になることを避けるために、豆を細かく挽いたほうが良いみたいです。

16.5g-250cc

【分量】

  • 豆:16.5㎜
  • 最終的なコーヒーの分量:240ccくらい

【抽出方法】

  1. 豆を16.5gはかって粗挽きよりほんの少し細かく(ナイスカットミルで5.5番)
  2. お湯1投目:40㏄注ぎ、25秒待って5回ステア(混ぜる)
  3. お湯2投目:210㏄注いで1回ステア
  4. エアロプレスをグーッと一定のスピードでゆっくりゆっくり60秒~70秒かけて抽出
  5. 20~30㏄ほど残してすべて抽出しきらずにやめる
  6. 30㏄ほどお湯を足して混ぜたら完成。

この淹れ方は上の説明とは真逆で、豆の挽き具合は粗挽きに近いくらいなんですが、かなりおいしいレシピです。中煎りの豆でさくっと簡単に入れちゃってください。

2018年くらいのエアロプレスチャンピオンのレシピを参考にして、僕でもできるレベルにしてアレンジしました。

チャンピオンは75秒かけて抽出し、45㏄ほどお湯を残してお湯は足さないんですがこれが難しいんですよね。スタンダードな淹れ方はお湯を注ぎ始めたと同時にサーバーのほうにお湯がいき始めるので45㏄残すってのはかなり難しい。

めちゃくちゃゆっくり抽出してもなかなかうまくいかなかったので、このやり方に落ち着きました。豆をもっと細挽きで淹れるとやりやすいかもしれませんね。

 

インヴァート

器具を逆さまにした状態で豆とお湯を入れていき、ひっくり返して抽出するスタイル。

結構こちらのレシピのほうが多い。蒸らされている時間がインヴァートのほうが長くなっていますが、抽出するときに圧がかかりすぎて過抽出になる可能性があるとのこと。

で、これを避けるためには豆を粗挽きに近い状態で挽いて、押し出すときの圧を少なめにしてあげると良いそうです。

20g-290cc

【分量】

  • 豆:20g
  • 最終的なコーヒーの分量:290cc

【抽出方法】

  1. 豆を20gはかって中挽き(ナイスカットミルで4番か4,5番をお好みで)
  2. お湯1投目:100㏄注いで4~5回ステアして30秒待つ
  3. お湯2投目:100㏄注いで4~5回ステアして30秒待つ
  4. お湯を注いで合計1分たったらフィルターをつけてエアロプレスをひっくり返してサーバーやマグカップの上に置きます。
    (ひっくり返したときにこぼれないようにしっかりとフィルターをつけます)
  5. エアロプレスをグーッと一定のスピードで押しながらゆっくりと30秒かけて抽出。
  6. 最後は90ccお湯を注いでよく混ぜて完成。
  7. お湯を注ぐ量はお好みで。

エアロプレスのレシピを調べたときに一番最初に見つけたレシピがこれ。

個人的にはインヴァートのほうがだいぶ簡単ですね。味も安定するし半年以上このレシピ以外では淹れていませんでした。

エアロプレスのレシピまとめ

まだ2個しかありませんが、いろいろ試したいと思っています。

エアロプレスはいろんなレシピがあるので、英語のレシピとかも見つかると思いますしいろいろ楽しんでください。(雑w)

created by Rinker
AEROBIE (エアロビー)
¥4,535 (2020/07/04 00:50:46時点 Amazon調べ-詳細)

※動画を撮り次第徐々に追加していきます。

コーヒーのYouTubeチャンネル登録を始めました。もしよかったらこちらからぜひ登録お願いします!!

コーヒー豆にこだわろう!

-COFFEE TOOLS

Copyright© 2Bcafe , 2020 All Rights Reserved.