COFFEE GOODS

『KINTOコーヒーキャニスター』レビュー

投稿日:

KINTOのかわいくておしゃれなコーヒーキャニスターを紹介します。

本体はガラス製でキャップがコルク。

とてもかわいらしいぼってりとしたセンスある形はKINTO(キントー)らしさがあってとてもお気に入りの1点です。

KINTOコーヒーキャニスターがとてもかわいいのでおすすめ

今まで何度かキャニスターは買い換えてきていますが、今のところ継続して使いそうなキャニスターは今回紹介するKINTOと前回紹介した「HARIOのホーローキャニスター

昔紹介したCoffee Gatorのキャニスターも良いのですが、"高い・でかい・なかなか手に入らない"と三拍子そろっているので国内で楽々手に入るKINTOとHARIOがおすすめかなーって思っています。

KINTOはガラス製で一度割ってしまったことがあるのですが、お友達のぱつこさん(デザイナー)が割れた直後くらいに送ってくださって感激しました。誕生日だったんですよね。
リピートしたいくらいほしかったので嬉しかったです。(この場をお借りしてありがとうございます。)

というエピソードもあるようなね、いいキャニスターなんですよ。で、これデザイナーのぱつこさんが送ってくれたってことでもうオシャレっぽいってのは証明された感がありますよね。

数をそろえると多分めっちゃいい感じになる

僕は一個しか持ってないんですが、これたくさん揃えたら結構良い感じに棚がもっとオシャレになると思うんですよね。コーヒー器具は表に出してるので統一感を出していきたい。

ハリオのホーローのやつも重ねて置けるので捨てがたいのですが…どうだろう。どっちをそろえるかはもう少しあとの話になりそうです。

使用感などいろいろ

見た目や統一したときの予想なんかは申し分ないので、使用感をいろいろな側面から見ていきます。

ガラスの善し悪し

良いところ

見た目が良い

悪いところ(いまいちなところ)

1.透明なのでコーヒーの油分が目立つ。

光に当てているから余計になんですが、汚れっぽくは見えてしまいます。コーヒー豆は油分を含むので仕方ないんですけどね。

2.割れる

落としたら割れる、仕方ない。

コルクがめちゃくちゃ良い

見た目もですが、密閉度はかなり高くてすごく気に入っています。

口は狭い

完全にコルクの写真になってるけど、右側の口の狭さわかりますかね。

コーヒー豆を移し替えるときにこぼすくらいの狭さです。

まー大したことないけどちゃんと書かないとねってだけなのでそんなに気にすることではない。

コーヒーメジャースプーンいらず

スプーンはもちろん入りませんが、こんな感じでコーヒーを流し込めるので、スプーンいらずで軽量できます。

サイズについて

  • 100g
  • 200g
  • 600g

とあります。僕のは200g用で200gまるっと入れたら少しきつめです。豆を200g買って1杯分飲んで残りをキャニスターへって感じで使うといいと思います。

まとめ

キャニスターなんでそこまで詳しく書くこともありませんが、とりあえずこんな感じでしょうか。

お気に入りなのでリピートというか5個くらい揃えたいですね。

コーヒー豆にこだわろう!

-COFFEE GOODS
-

Copyright© 2Bcafe , 2020 All Rights Reserved.